<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Somerst Show!!(その三)
子供の頃、お祭りの出店が大好きでした。


だから、

だから、

だから、

だから、

も一つ、だから、


今回の出展社の中で、一番気にったのがこのブース!!
f0036163_11284150.jpg







どこのショップかも分かりませんし、あまりの感動でお話も買い物もできませんでした。しかもチラッとVISA&マスター・カードのサインを置くなんて、とても粋です・・・。
でも、普段はショップにある在庫をこんなに素晴らしくディスプレイするなんて・・・。


僕は来年もあのテンガロンおじさんに会いに行きたい・・・。
f0036163_1313538.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-27 17:42 | アメリカの釣り
Somerst Show!!(その二)
ご存じトラウタハンターのブース。

サマーセット・ショーでは、旅行会社のブースも多く、ドリフトやライズのDVDを制作しているトラベルエージェント「イエロードッグ」や、僕のお気に入りのメキシコのロッジ「ペスカマヤ」、それにベリーズやアルゼンチン、アラスカのロッジも多く出展していました。

トラハンはヘンリーズフォークへのトリップを紹介しながら、ショーではあまり多くはなかった新製品も初披露していました。

f0036163_3175018.jpg


それが、レネがプロデュースしたリーダーとティペット。
ワビサビの利いたパッケージやスププール、ヘンリーズフォークでテストを続けたリーダー、そして強靭なティペット・・・。
f0036163_3181561.jpg



ティペットの各サイズごとに色分けされて使われているモビロンバンドやUVレジスタント、ウォータープルーフを施したパッケージに来場者以上に地元のガイド達が食いついていました・・・。
f0036163_3183442.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-26 03:32 | アメリカの釣り
Somerst Show!!(その一)
サマーセット(日本語読みだとソマーセットかも・・・)ショーは、全米一の規模です。
って事は、世界一だと思います。

ディーラーショー以外にあまり参加しない僕にとっては、とても興味深いショーでした。

業界外のフライフィシャーの為のショーですから、日ごろのウップンを晴らすべくメーカーのスタッフを質問攻めにするのは当たり前、長い人は1時間以上もロッドやリールを眺めたり、とにかくお話し好きのアメリカのフライフィッシャーの皆さんの、それは、それは楽しい3日間に見えました。

本音を言ってしまえば、そんな来場者と一緒になって、デモの見学や買い物をしたかったのですが、やっぱり業界仲間と会うと、ついつい話に盛り上がってしまい、結局お買い物は10ドルだけ・・・。
このショーの為に、B&Hでお小遣いを使わずにいたのですが、朝8時半から夕方6時まで、普段あまり会う事のない東海岸の友人やストライパーやブルックトラウトのガイドたちとおしゃべり・・・。



デモを見学していたおじさんのフリースベストをこっそり後ろから撮影。
かなりやつれたベストでしたが、「WORLD'S LARGEST SHOW FOR FLY FISHERMEN」ってホントでした。(ちなみにここのショーのベストかは知りません・・・笑)
f0036163_11237.jpg



一番混雑していた、土曜日の朝の開場前の入り口。
数百人の人が並んでいました。
f0036163_111974.jpg



そして、開場と同時に・・・。
f0036163_113828.jpg



ちなみに各通路はこんな感じ。
前に進めない・・・。
f0036163_115943.jpg



いつものアップアンドダウナーをかぶったレフティー・クレーのキャスティングデモは、見学者が多過ぎてほとんど見れません・・・。
f0036163_122168.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-25 01:38 | アメリカの釣り
ニューヨーク・・・。
シカゴ経由でやっとニューヨークに到着。(荷物は未到着・・・)

実は、ニューヨークのダウンタウンには初めて訪れました。
10年ほど前、アメリカのテレビ局ESPNの番組に出演するため、ニューヨーク州のアルバニーからレイクプラシッドに走り、有名なオーセブルリバーで釣りをしましたが、マンハッタンは初めて・・・。
ニューヨーク州の北部と比べると、同じ東京都の奥多摩と銀座・・・。(ちなみに奥多摩のほうが僕は好きです)
アメリカには数えきれないほど来ていますが、特別な用事(釣り)が無い限りは、あまり冒険はしません・・・。マイアミもキーウエストに行くための通過点。

でも、ニューヨークには行ってみたい店が2つ。
一つは有名なフライショップ、アーバンアングラー。
そして、もう一つがB&Hカメラショップ。

許された時間は2時間だけ・・・。

両方行くには無理がある・・・。

まあ、これからフライフィッシングショーだし、友人Oフォトグラファーに頼まれた日本で手に入らない、リモコン部品も手に入れたい。
で、B&Hに決定。
ホテルから1-2マイル程の距離でしたが、掛った時間は30分・・・。
これじゃ、歩いた方が速い・・・。
f0036163_311570.jpg


そして、アメリカ版のヨド○○カメラ、B&Hに到着。
日本で手に入らないものを何度か通販で利用した事がありますが、店に入ると目が点に・・・。
言語は入りまじり、前に進めないほどの混雑・・・。
天井には、商品移動用のベルトコンベアらしきものが走り回り、上だけ見ていると工場のようです。
で、Oフォトグラファーに頼まれたものは在庫が無く、10分程店内を歩きまわり(口をアングリ開けたまま)、無事に何も買わずに店を出ました・・・。
f0036163_310147.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-23 03:10 | その他
Outdoor Retailer Show・・・。
悪友の結う通り、やっぱりアメリカ滞在中はアップデートが増えます・・・。

一気にホワイティング、スコット、ロスでの打ち合わせや仕入れを済ませ、昨晩モントローズからソルトレイクシティへ。
今日から開かれている、アウトドアリテーラーショーの見学の為ですが、久しぶりのソルトレイクシティの町は多くのビルが建設中でかなり風変りしていました。
デンバーに移動する前の数年間はソルトレイクシティのコンベンションセンターで、フライフィッシングディーラーショーが行われていましたが、アメリカのアウトドア業界の規模はアンビリーバボーなデカさで、会場内ではすぐに迷子になります。

見学は半日で済ませ、これからシカゴ経由でニューヨークへ・・・。
ニュージャージー州のサマーセットで行われる一般向けの全米最大のフライフィッシングショーで、もう一仕事・・・。


f0036163_6285832.jpg



お馴染みのブランドの新製品がゴッソリ・・・。
もう少し見学したかった・・・。
f0036163_6313175.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-22 06:33 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
Red-X・・・。(その二)
フライタイイングを始めた小学校の高学年では、学校で飼っていたチャボの毛をムシリ、中学時代はインド(たぶん)ケープを手に入れ、夢のグリズリーを手に入れたのは高校に入ってからでした。
初めてのブランドハックルの「メッツ」は高校3年生になったばかりの誕生日に、小田原のストリームサイドで、今は他界してしまったチャーリーから「誕生日だから安くして!!」と値切り、17800円で、ブリーチドジンジャーの#1を買いました。(今でも大切に持っていますので今度別の機会に書きます)

それが今では、「イヤ」というほどのハックルまみれ・・・。
しかも、誰よりも先に収穫したてを見る事が出来ます。

前置きが長くなってしまいましたが、昨日書いたRED-Xを見ていると、チャーリーの店で入荷したてのインドケープを丸一日費やし、探しまくっていた時のようです。
そして当時は、12番のホワイトミラーのスタンダードパターンを巻くのに、クリームのハックルを3枚巻いていました・・・。(今じゃプログレード1枚でも余ります・・・。)
「RED-X」は1本のフライを巻くのに3枚って事はなさそうですが、ホワイティングのドライフライハックルの中で最短です。(笑)
そして、先端から根元までハックルを使うと微妙にテーパーになったハックルが妙に懐かしく、思わず何枚も写真に撮っちゃいました。





ダイドもありますが、やっぱりこんなナチュラルカラーがイイです。
f0036163_431075.jpg




そして、な、なんと「RED-X」はクリーの割合も以外と多い・・・。
あー、北のタイイングマジシャンのヨダレ垂らす顔が目に浮かびます・・・。
f0036163_4312867.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-21 04:35 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
Red-X・・・。(その一)
今日も朝から鶏まみれ・・・。

で、以前から気になっていた「RED-X」なる鶏を選別の合間にチェックしました。

RED-Xはホワイティングでのコードネーム。
「X」の意味は「クロス」で、違う種類の鶏のハイブリッドです。
「RED」に特別の意味はなく、「BLUE-X」や「YELLOW-X」もあり、単純に分かりやすくしています。

で、この「RED-X」ですが、とても興味深い・・・。
もともとトムが、収穫率の高い丈夫な鶏を探すために掛けあわせたのですが、他のホワイティングの鶏と違いとても「腰」が強い。
最近は少なくなっている「チャイナ・ケープ」や「インド・ケープ」に近い羽質。
タイイングは難しそうですが、なぜかとてもクラッシックな風合いで、ホワイティングやヒーバートにはない「古き良き・・・」を感じます。



もう、眠たいので、続きは明日でご勘弁を。

f0036163_12151259.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-20 12:29 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
ラベンダー・・・。
なかなかご案内出来ていませんが、ホワイティングでは「フラット・ウイング・サドル」成るものを発売しました。
鶏の種類等はトムの了承が必要なので、後日ご案内しますが、大型のストリーマーを巻くのに主に利用されるようです。
昨年のショーではいまいちピンとこなかったのですが、アメリカの雑誌でも紹介され何人かの皆さんから見てみたいとご連絡をいただきました。

その中で、一番強烈にヨダレを出されていたのが、富士宮焼きそばをこよなく愛す「北のフライタイイングマジシャン」備前貢さんです。

で、箱をゴソゴソ探していると、目にも鮮やかな色が・・・。

なんと、そのカラーは「ラベンダー」・・・。

何に使うかも分からず、ゲットしちゃいました・・・。(笑)

ちなみに日本時間は夜7時40分、コロラド時間が3時40分・・・。
やっぱり時差ボケ。

f0036163_1940142.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-19 19:41 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
ハリマン・パークの事、追記。
モントローズに到着し、メールをチェックすると、逗子のDr.Kや相棒K、和歌山のフッキーを始め10人以上の皆さんから、メールをいただきました。
Dr.Kがヘンリーズフォーク・ファウンデンションのニュースレターをチェックされたようで、どうやらハリマンパークの運営費の補助金を減らすらしい。(まだ未確認ですが・・・)

取り急ぎ、皆さんも確認されたいでしょうし、トラハンのジョンからきたメールを・・・。

Masa,

Here is a link to a petition to keep Idaho Parks open.

http://www.thepetitionsite.com/1/save-idaho-park

it would be cool if you could pass this around japan, lots of international input.

I’ll be checking status of parcels in the morning.

Best,


Jon Stiehl
TroutHunter
3327 HWY 20
Island Park, ID 83429
208.558.9900

とりあえず、嘆願書をウェブから送れるようです。
ただ、きちんと確認は出来ていませんので、英語がお得意でない方はもう少しお待ちください。
なるべく早く情報を集めます。
[PR]
by masakatsumata | 2010-01-18 15:46 | アメリカの釣り
ディーラーリスト・・・。
デンバー到着。
モントローズ行きのフライトまで4時間以上の待ち・・・。

時間があればネタ探しです・・・。

以前、悪友に言われました。
「お前、ブログのアップするの海外にいる時だけじゃねーか!! だったらずーっとアメリカにいろー!!」って。
彼のオフィスでの息抜きが、僕のブログを見る事らしい・・・。
写真好きだけどフライはやらない腐れ縁の友人にとって、魚のデカサは関係ない・・・。コックドレオンのウイングも全く分からず・・・。でもクリックは毎日欠かさないらしい・・・。

だから、今日は「台東区に近い文京区のKさん」とマーヴェリックスタッフKの血と汗と涙の結晶、ディーラーリストの写真をデンバーの空港で、しかも昨日衝動買いしてしまったキャノンのパワーショットS90でパチリ。

D3Sも凄いですけど、コンデジの進歩はキャノン、ニコンのフラッグシップの勢いを越えているような・・・。

そして、いつもの悪友の言い訳、「お店がどこか分からない」・・・。
これでお店がどこか分からないなんて言わせません。
「オーイ、早くお前もフライやれよ!!」

f0036163_9492528.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2010-01-18 10:10 | その他