<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
末広がりの八八センチ・・・。
先日、某ショップ主催のシーバス大会の表彰式&忘年会にお邪魔しました。

そこで、ばったりと相棒Kに遭遇・・・。(相棒Kとは当ブログの初代パーミット男です)

しかも、今大会の優勝者らしい・・・。
サイズを聞けば、な、なんと八八センチ・・・・。

結構どころか、相当、いや、本当にデカイ!!

相棒Kの運もこれで終わってしまうのか・・・?
それとも来年も爆発するのかは分かりませんが、シーバスのサイズは末広がりの八八・・・。

来年も相棒Kの動向からは目が離せません・・・。

f0036163_17113237.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2008-12-27 17:12 | ソルトフライ
ニーハオの一投・・・。
デッドに続き、メキシコにご一緒させていただいたいつもの友人ニーハオの事を・・・。

ニーハオの身長は決して高くありません・・・。
「だから」、「どうだ」って事はないのですが、普段の生活と違いウェーディングって奴を強要されるフライフィシングではこれがかなりキツイ・・・。

この日は、かなりの強風でした・・・。
でも、僕はニーハオになんとかパーミットの姿を見てもらいたい。(釣って欲しい!!とまでは考えませんでしたが・・・)
そこでガイドに相当無理(本当に相当お願いしました・・)を言って、アッセンション・ベイのパーミットポイントへ・・・。
ガイドのダウリンが「ジュンビスルゾ!!」ってレインギアを着込み、僕らもなるべく肌が露出しないように準備を・・・。
そして、白波が立つ大海原へ和船を走らせました・・・。

1時間近くで、現場に到着しましたが、お目当てのホールが濁って見つからない・・・。和船(本当に和船です・・・)にはもちろんGPSなどついていません・・・。ダウリンは今までもこの状況では来たことがないらしく、お手上げ状態・・・。
で、「バショヲカエルゾ」ってまたカッパを・・・。

その後場所を転々とし、ついに「パルメタ、パルメタ、パルメタ!!」って声が響き渡りました。どうやらパーミットの姿を発見した様子。和船の中が急に慌ただしくなり、ダウリンからの指示でアシスタントのファンがニーハオの手を取り飛び込みました。風でプッシュポールが上手く使えず、一か八かで立ちこみを選択したようです。

そして、見事にニーハオは15ポンドオーバーと思われるパーミットにキャスト!!
そして、見事に直前で見切られ・・・。
そして、見事に帰りもズブヌレ・・・。

f0036163_1420160.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2008-12-24 15:08 | ソルトフライ
デッド、格闘・・・。
「あっ」と言う間に今年も終わりですね・・・。

先日は,デルシュー戸澤さんと、ナルシスト紀行作家奥本氏を囲み、Dr.K&Dr.Sと忘年会を開きました。そして昨日は体の大掃除の為、Dr.Dの病院で血液検査とMRI・・・。
どのDr達も、僕の体よりブログのアップのほうが気になるみたいです・・・。(笑)
先日購入した万歩計のおかげかどうかは分かりませんが、コレステロールも下がりあとはMRIの検査結果を待っています・・・。(少し不安)

で、話は一気に飛んでメキシコへ・・・。
春日部在住の友人デッド(もちろん本名ではありません)の気合いの一匹はこのクーダでした。
いままで、クーダの事は結構嫌いでしたが、今回の釣行で少し好きになったかも・・・。

なぜか農家のおばさん風にサンマスクをかぶるデッド・・・。
f0036163_9221327.jpg


最初の一走りは最高です。(一走りのみ・・・)
f0036163_9222262.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2008-12-23 09:34 | ソルトフライ
また出たパーミット!!
今日も、「体、大丈夫ですかー?」ってメールをいただきました。
「はーい、結構ダメみたいでーす」ってお答えしましたが、なんとか元気です。
世間では、「世界大恐慌」とか騒がれていますし、どのチャンネルも景気が悪い話ばかりです。(本当に悪いのですが・・・)
ここは久し振りのアップで、景気良く、元気に、少し嫉妬しながらパーミット、いっちゃいます!!
11月のツアーでご一緒した、マーヴェリックのデザインやカタログ、広告をお願いしている、「台東区に近い文京区在住のKさん」の人生初パーミット!!
でも、フライを見にきたもう一匹は、この魚の数倍あったそうで、宿題も頂いてきたようです。
10月、11月の2回の釣行で、パーミットが3匹見れたので、アッセンション・ベイって結構凄いかも・・・。

f0036163_15324319.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2008-12-15 15:51 | ソルトフライ
サドルの事・・・。(その三)
ホワイティングではサドルを#14以上のフライが取れるものと、それ以下のものと分けて出荷しますが、サドルの両端のサイズは小さく、中央が大きめの為、サイズは基本的に分けずに仕入れます。ミッジサドルがあるように昔から小さいものが重宝されましたが、最近では#14以上のサドルを求めるタイヤーの皆さんも多くなってきました。ただ、ハックルの進化はかなり急速で、#12―#14の巻けるホワイティング・サドルはほとんど見当たらない・・・。おまけに世界中で100サドルパックが大好評の為、多くのサドルがそちらに取られてしまいます・・・。(今でも#12のパックは非常に少ないです)
で、いつもは空の「#14 or Larger」って書いている箱にやはり影が・・・。
早速、取り出しチェックをするといつもよりサイズがデカイ・・・。
トムに聞くと、当初サイズを小さく長くする事がとても難しかったらしいのですが、そのおかげでデカイサイズの取れる鶏が減ってしまい、数年かけてまたサドルで#14以上が巻けるように品種改良を続けたらしい。その甲斐あって以前より微妙に増えたとの事です。
今度はデカイのが増えすぎて、ミッジが巻けなくなるのは困るので、「バランス良く育ててね!!」って、お願いしてきました・・・。


f0036163_1617175.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2008-12-03 16:27 | マーヴェリックデモ&仕入れ編