<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
RENEGADE OUTFITERS (ステューの会社)
モンタナのガイドスチュアートから、ホームページを新しくしたとメールが入った。
フライフィッシャー誌にも寄稿している彼ですが、ゲストの中で日本人が占める割合は相当高く、現在も日本語の猛勉強中・・・。
日本の友人達に彼を紹介すると、ほとんどの方がリピートするというほどの腕前です。モンタナ行きをお考えの皆さんは是非御一考を。
(ホームページには日本語のページもあります)

http://www.renegadeoutfitters.com/index_jp.htm

で、僕は明後日からショップ主催のモンタナツアーへ出発です。
現地から最新情報をお伝えできるように頑張ります。

f0036163_1323896.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-25 13:27 | アメリカの釣り
チェリオと鯉釣堀
時々無性に飲みたくなる「チェリオ」・・・。
小学校時代、値段は同じで他の炭酸飲料より量が多かったから、炭酸飲料を飲めるチャンスがあれば、いつも「チェリオ」を飲んでいた。
その頃の記憶が残っているのか、今でも「チェリオ」見るとつい生唾が・・・。
そんな経験、ありませんか?
先日、息子が友達と鯉釣堀に出かけたので、親馬鹿丸出しで様子を見に行きました。
ところが、トウガラシ浮きを暫く見ていると、あの「チェリオ」に似た症状が・・・。
ナンダカンダと理由をつけ、竿を息子から奪い取ってしまいました。
親馬鹿がバカ親に変身してしまい、次なるマイブームが到来しそうです。

f0036163_17545199.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-22 17:55 | その他
忍野、敗者復活戦・・・・。
日曜日が今シーズン最後の忍野と思っていましたが、刈田さんから「忍野のシビアヤマメの取材をしよう」急なお誘いが・・・。仕事も詰まっていましたが、お断りする理由は探せない・・・。
で、日曜日の敗者復活を兼ねて最チャレンジです。
何とかシビアなライズをキャッチできたものの、やはり課題は山積みです。
流下は非常に少なかったのですが、ヤマメちゃん達はちゃんと食べてました。ライズのシーンも400ミリレンズに変更し再度撮影しましたが、極小の流下物を見切る彼女達はやっぱり最高のターゲットです。
f0036163_2048148.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-21 20:49 | 日本の釣り
忍野ヤマメ
来週からアメリカ出張と言うこともあり、なんとなくヤマメの顔を見たくなり忍野に出かけました。久々に出かけた日曜日の忍野でしたが、やっぱりヤマメのライズは最高です。でも、どうして忍野に住む彼女たちはあんなに水面直下に定位するのでしょうか・・・。何かに憑かれたように水面の流下物に固執しているように見えます。僕たちから見ると無防備なのですが、ひょっとしたら賢い彼女たちの一番安全な場所なのかもしれません。そういえば、自衛隊橋上流部のブッシュの中も浮いている魚はすべてヤマメでした。
それにしても、ゆっくりとフライを見極める仕草は、「素敵」を通り越し「ふざけるなー!!」でした・・・。
f0036163_18234050.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-19 18:24 | 日本の釣り
スキン変更とラトルスネークのニコパチ
このガラガラ蛇の写真は写真関係の仕事用にキープしていた、まあまあのカットです。クライアントさんが「ティンバーラトルでも、もっと太い奴の写真が欲しい・・・」と言うことで、来年再チャレンジとなった為、ブログでお見せしちゃいます。でも、「こんなの見たくねーよ」ってみなさんもいらっしゃると思いますが、ガラガラの尻尾の件で頂いたフライフィッシャーの皆さんからの電話やメールが特に多かったもので・・・。

101回目ということで、スキン変更させていただきます。
また多くの皆さんから直接メールを頂き感謝です。何故ブログにコメントされないか尋ねますと、ほとんど皆さんが「恥かしい」とか「敷居が高い」とか、勝手な言い訳をされています・・・。また仕事や釣りの関係でコメントのお返事が遅れてしまって、少しプレッシャーになっていますので、しばらくコメント禁止にさせていただきました。

f0036163_929636.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-18 09:41 | その他
島崎憲司郎さんの新作DVD!!
ブログをはじめて今回で100回目の記念アップと言うことで、大御所島崎憲司郎さんの新作DVD「ザ・シマザキ・イノベーション」のVOL1 ツーループ・ユニットハックル編について書かせていただきます。(ちょっと緊張気味ですが、ご本人からも了承を頂いていますので・・・)
TMCフックやドライシェイク、シマザキフライウイング等数々の斬新なアイデアを商品化し世界中のフライフィッシング界をリードされてきている島崎さんですが、フライパターンやそのタイイング方でも斬新なアイデアを僕たちに提供してくれています。今回はハックルをユニット化するなんて事で、新たな世界に突入です。内容に関しては是非ご覧になっていただきたいのですが(無許可レンタルは禁止です)、とにかくシナリオ無しの全編アドリブ・・・。フライフィッシングフェスタなどでシマザキトークを体感された皆さんはお分かりになると思いますが、真面目な説明の間にナビゲーターの東さんを笑わせる。(今回は真面目なお話がほとんどですが・・・)やっぱりシマケン節は何度聞いても新鮮です。
VOL.1と言うことですから、当然この後もお楽しみです。
f0036163_16324157.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-15 17:38 | その他
コックドレオンルースターケープ
先月ホワイティングで選別してきたハックルが入荷しました。9月1日より現地の価格が値上がりしちゃいましたし、航空運賃も燃油税とやらがまた値上げ・・・。パソコンに向かい仕入れ単価の計算や新価格の設定など、憂鬱で自分にはまったく向かない仕事が続いていましたが、ほんの数枚入荷したコックドレオンを眺めて結構ニヤニヤです。何年も前からトムに「コックドレオンのケープに模様が欲しい!!」とお願いしてきましたが、コックドレオンは日本のチャボみたいに、首周りとサドルの色がまったく違います。ですから、首周りに模様を入れるように親鳥をきめると、サドルが真っ黒になってしまい模様がなくなってしまうわけです。当然ケープよりもサドルのほうが需要が高い訳ですから、うまくバランスが取れません・・・。で、今回見つけたケープ数枚は数ヶ月前のものよりさらに良い感じです。オーダーの数より少ない入荷ですが、お店で見かけられたら是非手にとってトムの苦労をお感じください・・・。(ちなみに価格は税込み3780円です・・・・泣)
f0036163_13212843.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-14 13:53 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
イエローストーン
一度は釣りをしたいと思っている公園内のイエローストーンリバーです。
リビングストンやエミグラント辺りはボーズマンから近いこともあり、釣りをする機会が多いのですが、公園内はなかなか行けません。ヘンリーズフォークにあれだけ通ってもウエストイエローストーンの町をを素通りしてしまうのはやっぱり相性かもしれません・・・・。
写真は先月、友人を誘ってイエローストーン国立公園へ観光に出かけた時の一枚です。
フォトスポットとして有名な場所からの撮影ですので、長玉に三脚のアメリカ人の皆さんがたくさんいましたが、僕のお勧めはやっぱり絵葉書です。どこの観光地でも最高の写真は絵葉書になっているようです。(スイマセン、ネタ切れの為のツナギです・・・。)
f0036163_21264852.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-13 21:43 | その他
ガニソンリバー(ジミーちゃん情報)
ホワイティングでの選別作業の合間をぬって、ガニソンリバーに向かいました。
ブラックキャニオンを流れるガニソンは上流のブルーメサダムから流れ出るテイルウォーターで、とてつもない大物が釣れます。4年前の秋にニンフィングで掛けた30センチ程のブラウンに食らいついたサメみたいなレインボーは今でも脳裏に焼きついています・・・。
写真の場所は、モントローズの町から20分程で行けるイーストポータルという場所で、ブラックキャニオン国立公園の東玄関です。スコットのジミーちゃんが前の週にPMDにデカイ奴がライズしていたと言うことでやってきたのですが、その場所に先客が・・・。(写真右下)どう見てもそこそこヤッテいそうな奴で、しかも手にはG2を持っている。聞けば彼はフロリダのスコットディーラーで、デンバーショーの後に工場見学にきたらしい。しかも、その場所はジミーちゃんから聞いたという・・・。(僕だけへの情報じゃなかったのネ)
結局、PMDはすでに終わっていて、「チッ、勘弁しといてやらー」とステぜりふを吐き、一投もせずに帰りました。日本でもアメリカでも、「前の週は良かった・・・」って話は・・・・。

f0036163_17315324.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-12 17:33 | アメリカの釣り
SIMMS G3 BOOTS
SIMMSのチーフデザイナーGregです。
そして、彼が手に持っているのが3年がかりでやっと完成したG3ブーツ・・・。
昨年はカタログに載せていながらも、耐久性に問題があると生産途中で白紙撤回。その後たくさんのサンプルとテストの結果、やっと商品化しました。「とりあえず」出されるのも困りますが、昨年からご注文いただいた皆さんは、オーダーした事も忘れてしまっているかもしれません・・・。
商品化したブーツはGregが毎週末はき続けた傑作です。来春には店頭に並ぶと思いますので、是非一度ごらんになって下さい。

f0036163_13453533.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-09-11 13:46 | マーヴェリックデモ&仕入れ編