<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ちょっとヘビーワイヤー
ロングドリフトがチョー苦手な僕が昔から暖めていたネタを一つ。
それは、重たいドライフライです。
重たいと言っても沈むほどではなく、最近はやりのスーパーファインワイヤーではないというだけです。
軽く仕上げたドライフライの魅力はもちろんあるのですが、どうあがいても本物の軽さには敵わない・・・。じゃあ重くしちゃえという事です。詳しくはまたの機会になりますが(あまり秘密を公表したくないだけです)気になった方は是非お試しください。
写真のフックは射的の的みたいですが、最近のマイブーム「SPポイントにチョイヘビーワイヤー」のフックです。コツは浮かそうと思ってゴテゴテドレッシングをしない事です。
あ、この件に関してのご質問はご容赦ください。(笑)
f0036163_16423132.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-26 16:52 | その他
スコット忍野ミーティング
毎年恒例のスコット忍野ミーティングに皆さん集まっていただきました。
予定では低気圧の通過で、ハッチや流下もそれなりにあると期待していたのですが・・・。
年に一回のイベントなのにあまり芳しくない結果となってしまいましたが、忍野初釣行のAさんの大物やニーハオの空振り(Hチュウごちそうさまでした)、教えられない先生のロールキャストスクールなど、楽しい一日になりました。
次回はたくさん流下がありますように・・・。
f0036163_21105654.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-25 21:11 | 日本の釣り
晴れ姿・・・。
刈田さんといえば水生昆虫で、ヤマメやイワナとはあまり仲がよろしくないようです。(笑)
でも、フライフィッシングに対する情熱は水生昆虫以上で、釣りに夢中になり時々流下チェックを忘れてしまうほどです。
現在発売中のFF誌のドリフチェッカーでも本文中にありますが「あーじれったい」などと、流下をサンプリング中にライズがあるとついついイラつく熱血フライフィッシャー・・・。
いつも直球勝負でカーブやスライダーなんて投げません。ましてやフォークボールなんて・・・。
で、僕も読みきれなかった、千曲の難しいライズをゲットしました。FF誌で何点か写真を掲載してありますが、晴れ姿をもう一枚お見せします。
f0036163_13174149.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-23 17:48 | 日本の釣り
ノーハックル
レネから届いたフライのホームページ用の撮影を始めようと思いプラスティックの小さな箱を開けました。一本だけ撮ればよかったのですが、なぜか感極まってしまいフライ達をまとめて記念撮影したくなり、パチリです。
最近ではハックルを使わないドライフライなど当たり前にあるのですが、僕がフライフィッシングを始めた頃はドライフライ=ハックルのような図式があり、2つのパターンを除きフライパターンは浮くか沈むかはっきりと分かれていた記憶があります。
その2つのパターンは、コンパラダンとノーハックルダン。
2つとも現在でも第一線で活躍する素晴らしいパターンなのですが、特にノーハックルの威力は凄い・・・。理由については色々考えたり、レネやマイクローソンにも聞いたりしたのですが、いまだにはっきりとは分かりません。
そして、一番の問題が自分では上手く巻けないということ。20年程前に狂ったようにノーハックルを巻いてみたものの、納得いくのは100本に一本ぐらいかそれ以下・・・。「このままでは世界中のダッククイルがなくなってしまう」(笑)と思い、あきらめて買いあさることに・・・。当時はマイクローソンのヘンリーズフォークアングラーに頼みレネの巻いたものから毎年数ダース分けてもらった。
先月レネと話と時、以前は一時間に1ダース巻けていたのに、最近は半分になってしまったと言っていた・・・。巻くのが遅くなっても失敗はほとんどないらしい・・・。鴨たちも一安心です。
f0036163_12175955.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-22 14:30 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
時差ボケ・・・。
アメリカから帰国後しばらくは、やはり時差ボケに悩まされます。でも、東行きのアメリカ到着よりはるかに体は楽だし、我が家に帰れるのだから気持ちも安心できます。
時差ボケ解消に一番利くのは太陽の光です。時差ボケ=睡眠不足と思われがちですが、どんなに毎日寝られても(寝られませんが)蛍光灯の下では1週間経っても時差ボケは解消できず・・・。
ところが、到着翌日に釣りでもできれば、これが不思議とすぐに時差ボケが解消できるのです。
と、言うことで次回の出張はできる限り金曜出発で金曜夕方着、当然土日は釣りができる。そう、時差ボケ解消には翌日から目いっぱい釣りをすることがベストです。(非難を浴びない程度に・・・)
写真はコロラドでの定宿ブラックキャニオンモーテルです。12本で$4.50のビールとついつい食べ過ぎてしまうハンバーガーにポテト、一人で行くレストランはあまり良い気分ではありません・・・。
f0036163_1422644.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-19 14:23 | その他
コックドレオンルースター
ホワイティング続きになってしまいますが、もうひとつ今回の仕入れで、収穫が・・・。
それは、コックドレオンのルースターケープ。ルースターサドルの素晴らしさは、皆さんから絶賛いただいていますが、いつも聞かれるのは「首はどうした首は!!模様はまだ入らないのか」って。それが最近ちらほら模様が見られ始めました。両サイドの模様だけでなく、首の辺りにもシャンパンぽい模様が・・・。
写真はトリミング前のケープです。少し分かりづらいですが、うっすらとキテます。
f0036163_1735242.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-16 17:35 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
スペックルドバジャー
ホワイティングでは、全てのハックルを写真のプラスティックの箱に入れ保存します。以前は台紙に貼り付け、ビニールに入れて倉庫で管理していたのですが、その量の膨大さと、色やグレードによっては、台紙が古くなったりしてしまうことが理由で、ほとんどの商品がバルクで箱に入っています。
で、スペックルドバジャーのサドルですが、いつも真っ先に箱に入っているかどうか確認します。沢山入っていれば嬉しくなり、透明のケースですから、向こう側が見えれば落胆します・・・。もちろん、僕は仕事で行っているわけですから、売り上げを考えなければならないのですが、やっぱり良い色やグレードを沢山持って来たい。倉庫の隅で埋もれているレア物も探したくなる。でも良く売れるグリズリーやブラウンを仕入れないと・・・。
あーこの悩み、幸せなのか不幸せなのか・・・。(きっとハックル好きの皆さんは僕の首絞めたくなるでしょう・・・)
あ、それから「写真のハックルをください」と言われても、お答えできませんのでご了承ください。
f0036163_21472786.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-15 21:51 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
ムースのペット
スコットのカスタマーサービス担当のムース(もちろんニックネームです)から、「面白いもの見せてやる」と、彼のデスクに呼ばれました。
いつもサンドイッチが入っていそうなプラスチックのボックスに虫らしきものが数匹。「よく見てみろ」というムースの言葉通りに顔を近づけようとすると、突然「それ以上近づくと危ないぞ」と。
よく見るとその虫らしきもの、サソリです。
しかも自宅のキッチンにいたとか・・・。ムースはスコットやロスのあるモントローズの町とホワイティングのあるデルタの町の中間地点のオレイサという小さな集落に住んでいますから、遭遇する危険が僕にもあるのかと、少しゾッとしました。でも、この種類のサソリ、テレビや雑誌で見る黒く大きなサソリと違い、色や雰囲気はサワガニです。サワガニ取りの好きな息子を連れてくる時は、よく言い聞かせなければ・・・。
f0036163_1819330.jpg

少し近づいて、撮影してみました。
黒いのは、えさにするコオロギです。
f0036163_18191317.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-13 18:22 | その他
グリズリーバリアント
ホワイティングブランドで、なぜか人気がないグリズリーバリアント。
通常のグリズリーよりも濃かったり、ダングリズリーみたいだったり、色々な模様もあるし、見れば見るほど魅力的・・・。(個人的にはグリズリー以上に好きなんですが・・・)
グリズリーとバジャーが一緒に楽しめるのですから、ホビータイヤーの皆さんにはお勧めです。
でも、人気がないので、当然仕入れは減らすのですが、グリズリーのあまりの品薄で、グリバリも少し仕入れます。お店にあったら見てみてください。結構イケるはずです。
でも、ピンボケ、手振れ、ハックルまみれって、結構疲れます・・・。(言い訳)
f0036163_2092931.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-12 20:25 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
トムのグレーディング
ノーザンロッキーのアイダホ、モンタナを離れコロラドに来ました。もちろんホワイティングの仕入れやスコット、ロスとの打ち合わせです。コロラドでは時間が取れず釣りはなし・・・。朝の6時からハックルまみれになります。
で、今日はトムのグレーディング中にパチリと一枚失礼しました。
収穫や卵の孵化がないときは、ヒーバートケープのグレード分けをします。一枚一枚丁寧に色艶やティップのダメージをチェックするのですが、数時間で目がショボショボしてきます。その間にも電話の応対やらメールのチェック・・・。忙しそうですが、ヒーバートの進化を楽しんでいるようです。でも、一番好きなのは臭いのキツク、騒がしい鶏舎にいるときみたい・・・。(僕は5分が限界です)

f0036163_8233866.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-05-11 08:27 | マーヴェリックデモ&仕入れ編