<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
初ヤマメとマエグロ(その2)
何人かのみなさんから、「ヤマメはどうした、ヤマメは!!」と、お叱りのご連絡をいただき、急遽「その2」をアップさせていただきます。
本当はヤマメを横向きにし、12インチ(尺)のメジャーリングラップをこれ見よがしにしたかったのですが、最大が29センチで少し届かず・・・。
でも、顔つきは立派です。
f0036163_10141797.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-30 10:22 | 日本の釣り
初ヤマメとマエグロ
FF誌の取材でカ神流川に伺いました。
解禁からノーフィッシュの状態で、身も心もボロボロの僕を癒しをくれたのが、やはりヤマメです。僕をどん底に叩き落としたのもヤマメでしたので、ある意味マッチポンプですよね。
佐藤成史さんの話では、雨が少なくヤマメが一箇所に固まってしまっているということだったのですが、プリプリのヤマメさんはやっぱり素敵です。
初ヤマメで気を良くし、久々に100マクロをボディに取り付け被写体探しもできました。あまりご縁のなかった陸上羽化のマエグロですが、刈田さんの調査ではダンも食われているようで、来年はマエグロのダンパターンを巻こうと思います。(手持ちなのでピンボケ、手振れはご容赦ください)
f0036163_1822511.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-29 18:12 | 日本の釣り
到着!!
九州での疲れがでたのか、ブログの更新ができず、今日お得様のGクリームさんからハッパかけられ、いそいそとカメラを引っ張り出しました。マーヴェリックニュースブログの物撮り撮影の為、部屋の片付けにも追われるし、あーヤマメが釣りたい。

で、先週ホワイティングの荷物が到着しました。
大丈夫とは分かっていても、昨今の鳥インフルエンザ問題で少しナーバスになっていたのは事実です・・・。成田で燻蒸の後、検疫もパスで少し元気になりました。苦労して選別してきたものがもし焼却なんてことになったら、お金以上にツライ。
こうやって段ボールをあけるときの快感、皆さんも想像してください・・・。
f0036163_13505469.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-24 14:10 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
S・A・G・A(佐賀)
福岡のドリフター好きの皆さんのお招きで、佐賀の某キャッチアンドリリースエリアで刈田さんとドリフターチェックに伺いました。天候はあいにくの雨でしかもご覧のとおりの濁流・・・。
通常なら、早くリタイアして温泉にでも行きたい所なのですが、皆さんかなり熱い・・・。いや、ドリフターに関しては沸騰中で、やめるにやめれず夕方まで・・・・。残念ながらライズはなかったのですが、ドリフターはそこそこ流下ネットにおさまり、30分ごとに歓声が上がりました。
久々のお休みで九州に伺いましたが、九州の皆さん本当に熱いです。
大分、熊本、福岡、佐賀の皆さん(下関のHさんんも)ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。(スイマセン今度は事前にご連絡いたします)
f0036163_22435117.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-18 22:56 | 日本の釣り
シロタニガワカゲロウ(大野川旅情2)
大野川に来て早二日。(ちなみに刈田さんは4日目)
まだ一振りもしていない・・・・。
台風みたいな春嵐のあと、絶好と思われたイブニングもなし。
ライズのないときはロッドをカメラに持ち替え季節はずれのシロタニガワカゲロウをパチリ・・・。(でも、少し虚しい・・・・。)
f0036163_2171073.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-16 21:11 | 日本の釣り
ライズ待ち(大野川旅情)
週末の郡山でのデモの後空路熊本へ。
いつもの刈田さんのピックアップで大分県竹田市へ向かう。
刈田情報で大野川に向かうが、残念ながらのピーカンでライズなし・・・。
大ヤマメを夢見て9時間、後姿がかなり寂しい僕です。
夜は居酒屋でダゴ汁をすすり明日に備えます。
明日こそは尺ヤマメのご報告ができますように・・・。
f0036163_20431127.jpg

(刈田敏 写真)
[PR]
by masakatsumata | 2006-03-15 20:50 | 日本の釣り
トムの作業着とブリーダ-
ホワイティングでの最終日の土曜日、トムはブリーダーになる雄鶏のピックアップを始めた。
一羽、一羽を丁寧に確認しブリーダーに最適な雄鶏を探していく。かなり根気のいる作業だし、
大きなヘッドセットに、これまた大きなマスク、そしてボロボロの作業着が物語るように、ウルサク、臭く、大変な仕事。これを土曜日にやるなんて、よっぽどの変人か、よっぽど鶏が好きかのどちらかだが、もちろん後者。それにしてもトムのピックアップしてくるルースターは素晴らしく、相変わらずの「そ、それください」です。
でも、だれか作業着買ってやってください。
f0036163_20473784.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-09 21:00 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
グランドメサ
ホワイティングの農場の脇を流れるガニッソンリバーの向こうにグランドメサと呼ばれる平らな丘が見えます。
今まで何の気にもしなかったのですが、ホワイティングの社員の一人からデカイレインボーの写真を見せてもらい、急に興味が・・・。日本にいながら富士山に登ったことが僕の言い訳は、「富士山頂に鱒がいれば登る」というアホな話で、グランドメサに行きたくなったのも「デカイ鱒」の一言・・・。ちなみにこの丘、世界最大のフラットマウンテン(頂上のない山)で300以上の湖があるそうです。
次回は是非大物の写真を撮ってきます。
f0036163_1256104.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-08 13:11 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
ワニータおばちゃんの検品
ひさびさにスコットでロッドの検品をしました。通常はスコットのスタッフが検品し日本で再検品となるのですが、打ち合わせが早く終わり3月出荷分をワニータおばちゃんと検品です。
ワニータは商品管理の責任者で、スコットにきて12年目のベテランです。通常はデザイナーのジミーやマネージャーのワーナーなどが検品しますが、日本向けはマーヴェリックのスタッフがうるさく(笑)言うため、ワニータおばちゃんが登場します。一本一本を細かくワニータが見て、僕がその後OKをしケースにしまうのですが、僕が見ているからかワニータ時間をいつもの倍以上使ってくれ、2人で残業でした。でも、日本のスコット愛用者の皆さんの話をしたら、「もっと頑張る」って。裏方のワニータですが、どうしても紹介したかった・・・。
f0036163_1129236.jpg
f0036163_11293721.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-05 11:30 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
スカンク
アメリカでは、釣りに行って何も釣れない時(ボウズ)の事をスカンクと言います。
当然、釣りに行くときスカンクは見たくない・・・。
生きているスカンクはあまり目にしませんが、どういう訳かハイウェイのあちらこちらでスカンクの死骸を良く見ます。アメリカに来たばかりの頃は、スカンクの怖さを知らずに窓を開けたまま走り、その匂いの強烈さで気を失いそうになったことを覚えてます。轢いてしまったら数ヶ月間は匂いが取れない程らしいです。当然車の空調はフレッシュではだめで循環にしておきます。
そして今日、久々に・・・。(轢いたわけではありません)
初夏のような暖かさと時差ボケで集中力がかけはじめ、窓を開けながら走ってました。
そして新鮮(笑)なスカンクの死骸からの強烈な匂いが・・・。
どこでも運転中は集中してなければダメですが、アメリカでは事故以外にスカンクにも要注意!!

f0036163_13333571.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2006-03-04 13:59 | マーヴェリックデモ&仕入れ編