「習うより慣れろ」と「プラクティス・メイクス・パーフェクト」
そう言えば、前にも「トラベルトラブルは一緒だと思った方がいい・・・」なんて事を当ブログで書いた事がありました。
そして、今日もまた・・・。
サンフランシスコで4時間フライトが遅れ、デンバーから乗るはずだったボーズマン行きに乗れず・・・。
結局、航空会社に用意してもらったデンバーの空港近くのホテルに11時過ぎにやっとチェックイン・・・。
明日の朝は一番のフライトでボーズマンに飛びますが、デンバーの空港のセキュリティはラッシュアワー時間だと2時間近く掛ることもあるので、朝4時のシャトルバスに乗り込む予定です。
きっと多くの皆さんにはかなりのストレスになるのでしょうが、
英語で言うと「プラクティス・メイクス・パーフェクト」・・・・。
でも、日本語では「習うより慣れろ」です。
なぜかトラブルに慣れてきた自分が怖い・・・。

で、慣れるといえばフライキャスティングやフライタイイングにも「慣れ」は絶対必要です。

そして、一気に今日の本題へ・・・。
もっと前に書こうと思ったのですが、試験に参加できなかったショックが少なからずあり・・・。

FFFのインストラクターテストが行われたのはみなさんもご存じだと思いますが。
多くの受験者のみなさんから、非常に有意義なテストを受けられたとの声を多く聞きました。
FFFのインストラクターテストはキャスティングの技術を競うのではなく、生徒になる皆さんに、いかに的確にお教えできるかということがテーマです。パスできなかった受験者の皆さんのキャスティングの腕前は素晴らしいものでした。ただ、FFFのインストラクターになるには、FFFのルールに則った技術が必要との事を聞きました。僕は体調不良ですべてのテストをキャンセルしましたが、普段スクール等をなさる皆さんにとっては非常に有意義なものだったと思います。

こんな素晴らしいイベントですから、是非ビリー氏に近い将来もう一肌脱いでいただきたいと思います。

総合案内で、マスターアングラーのビリーをはじめボランティアの通訳の皆さん、遠方からも受験にいらっしゃった皆さんお疲れ様でした。

それにしてもテーリングループをわざと作るのは、練習中で一番辛かった・・・・。
普段の釣りでは、いやでもテーリング起こしてしまうのに・・・。(笑)


f0036163_14422630.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2008-04-21 14:43 | その他
<< SIMMSの新入社員「シン」の... 野外紀行作家O氏の事・・・。 >>