Bonnieの写真。(その四、ローワーリバーのブラウント・・。)
ホワイテlング初日、新しくカスタマーサービスのおじさんタイヤー(彼の名前もトム)から、先週ガニッソンで、70センチクラスの巨大ブラウンを釣ったって自慢された・・・。
そして、そのあと「マサハブラウントレインボードッチガスキナンダイ?」って質問が・・・。
僕が「ドッチカッテイエバレインノーダナ」って答えると、「ナンデ?」って・・・。
僕は「ハックルの選別で忙しいのですが・・・、」って言う訳もいかず、「ウーンナントナク・・・」と、茶を濁す。
きっと理由はヘンリーズフォークとミズーリにあるのかもしれません。
厄介なブラウンのライズも好きですが、ヘンリーズフォークではほぼ100%がレインボー狙いだし、ミズーリでもレインボーのほうがライズが多い・・・。
ビッグホーンやマディソンにもっと通えば、きっとブラウンの事をもっと好きになるだろうし、数が少ない分NZやミズーリの難しいデカイブラウンの記憶は鮮明です。(でも渋いライズの尺ヤマメやアマゴの記憶はもっと鮮明ですが。。。)

で、ボニーからの写真を見ていると、ローワーヘンリーズフォークとブラウンが良く目につきます・・・。ヘンリーズフォークのランチが解禁するとレネはほとんどレンボー狙いになります。その反動か、ローワーリバーではブラウンを狙うのが好きみたい・・・。
そういえば、グレイドレイクの流化の時、4Xを頭一振りでブッチギってったブラウンもローワーリバーのホロ苦くも楽しい思い出です。
そいつはきっとこんなヤツだったんだろうな・・・、ってボニーの写真を見ながら思いました。(口にはでかいコーンヘッドストリーマーがついてますが・・・)
f0036163_16263098.jpg



そして、フラブのハッチで釣ったというブラウンを満面の笑顔で持つレネ。
f0036163_1651070.jpg


ボニーの写真を見て悶々としてきましたが、明日も早いからもう寝ます・・・。
[PR]
by masakatsumata | 2011-01-19 16:33 | アメリカの釣り
<< キョウテキアラワル・・・。 モンタナガイドの冬・・・。(その二) >>