ウイングの事・・・。(その二CDLルースター)
メスがいるならオスもいる・・・。

CDLにはもちろんルースター(雄鶏)がいます。そしてここ数年のサドルやショルダー(テイリング・パック)のパルドと呼ばれるマダラ模様の美しさは、多くのタイヤーから絶賛されていすまし、ケープも最近ではかなりマダラ模様が増えてきた・・・。
CDLのヘンウイングを商品化するにあたり、収穫量の多いルースターも当然チェックしました。ただ、CDLのルースター(ヘンも同じですが)他の鶏よりも気性がかなり荒い・・・。
鶏舎のドアを開けるたびに物凄い勢いで、暴れ、威嚇してきます・・・。(僕も数回突かれました・・・)
当然、ウイングはダメージを受け、手で撫でようが、蒸気で温めようがどうにもなりません・・・。
トムに「ナントカナラナイ?」ってお願いする事数回・・・。
1年半掛かりで、何とか少しだけマイルドな性格のルースターが登場です!!

安定した供給のご案内はできませんが、なるべく早く皆さんに見ていただけるようにします・・・。
「早くしろーっ!!」て言われても、孵化してから収穫まで1年は掛かります・・・、3ヶ月後に少量のCDLルースターの収穫があると思いますので、再チェックいたします。


トムがおとなしそうなルースターを鶏舎から連れてきました。
広げたウイングの外側のプライマリークイルは収穫後に切り取ります。
ちなみにこのルースターのケープとサドル、かなり良さげです・・・。
f0036163_328072.jpg




ヘンとは違う模様がルースターには出ています。
ホワイティング・プロチームメンバーの備前貢さんにはすでに数回サンプルを送り、試し巻きをお願いしていますが、お墨付きを頂きました。
写真でもお分かりになると思いますが、テイル材によさそうなピンピンのハックルももれなく付いてきます。
f0036163_3283488.jpg




今回何ペアかのウイングをチェックしてきましたが、ほとんどのセカンダリー・クイルはご覧の通りのダメージを受けています。
「アサノロクジカラガンバッテ・コンナニステルンジャ・ヤメタホウガイインジャナイ?」って、農場で働いている皆さんに白い目で見られます・・・。
でも、トムも長い時間をかけてCDLに模様を出るように頑張った・・・。
僕も時差ボケでの睡眠不足は気合でカバーします・・・。

それにしても、マダラ(オオマダラやオオクマ、アカマダラ含む)って、なぜこんなにソソるんだろう・・・。
f0036163_331346.jpg

[PR]
by masakatsumata | 2009-03-21 03:35 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
<< スコット・・・。(その一、G2... ウイングの事・・・。(その一C... >>