Facebook・・・。
何ヶ月もアップしていないのに、毎日たくさんの方が、クリックしてくれていて、とても心苦しいです・・・。海外出張も震災後激減しましたし、釣りにもあまり行けません・・・。当然ネタはなし。
でも、友人の誘いで10日ほど前から、Facebookとやらを遅ればせながらはじめました。もちろんそちらでも投稿するネタは内のですが、携帯から短文でアップできるのと、「いいね」をクリックするとなぜか釣りに行った気分になる。

ブログもタイトル変えたりしていますが、やはりアップができないと・・・。
で、きょうは刈田親方から拝借したFacebook用の写真をアップします。
Facebookやってる方、お友達になってください・・・。(笑) 

f0036163_8502917.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2012-03-02 08:57 | その他
コードネーム『BP』の事。
未だにたくさんのバックオーダーをいただいている、レオンのヘンウイング・・・。
ただ、収穫量が少ない上、ヘンといってもかなりワイルドな性格の為、良品率もかなり低い・・・。
ブラマは安定して商品になるが、クイルは小さく、ウイングにするにも#12サイズがギリ・・・。

で、数年前からトムがチャレンジしてきたのが、レオンをマイルドな性格にするか、ブラマを大きくすること。
で、成功したのがブラマの方で、コードネームが「BP」です。
この鶏、ブラマよりも大きく性格もマイルドなまま・・・。
ただ、コードネームの由来を聞いてびっくり、「BP」の「B」はブラマの「B」で、「BP」の「P」はポリッシュの「P」。
ポリッシュとは俗称アメリカンハックルの鶏のオリジナル名。
イタリア原産のポリッシュ(アメリカン)は僕の一番苦手な鶏・・・。
だって、すぐに威嚇し、そして強烈に突いてくる・・・。

それにしても、あんな暴れん坊な性格のお父さん鶏と、可憐でマダラたっぷりの優しいお母さん鶏が結婚して、生まれた鶏はお母さんにだけ似て、性格も優しく、でもちょっとお父さんの大きさが・・・。

うーん、良く分かりません。


入荷の予定は立っていませんが、ひょっとすると近い将来、お店に並ぶかも。
f0036163_911384.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-08-31 09:26 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
PCクラッシュと総〇〇臣退陣・・・。
IFTDのアップデート直後、PCが突如クラッシュ・・・。
SSDだし、丁寧に扱ってたし、なんで壊れたか分からない・・・。
仕方なく、自力で裏のカバーを外すと、小さなネジがポロリと落ちてきた・・・。
普通ならこんなこともあるさと、あきらめるのですが、今はコロラド・・・。
肝心な資料はすべてPCの中に・・・。

それにしても、「やめる、やめる」と言って、普通にアップデートしていると、どっかの国の偉い人みたいに見られちゃいますから、新しい総理・・・、じゃなくて、新しいブログにきちんと移動できるまで、もう少しこちらでやらしていただきます。
とりあえず、重要なポスト官房長・・・、いやブログのタイトルだけでも変えて、気分転換です。

後ほど、トムの写真でも追加します。





一時間ほど経過・・・。

その間に、溜まった新聞見ていると、僕がアメリカ東海岸を離れた直後にワシントンD.C.近くのバージニアで地震が・・・。しかもM5.8と、日本では当たり前の規模がこの地域では100年以上なかったらしく、大騒ぎに・・・。
そして、ハリケーン・アイリーンも北上を続けていて、現在東部7州で非常事態宣言が・・・。
あ、念のためお伝えしますが、僕が連れてった地震でもハリケーンでもありません・・・。
でも、昨日ロスアンゼンルスの空港では3時間近くもフライトが送れ、品川駅では新幹線が静岡の大雨でストップ。時差ボケのまま、大きなローリングダッフルを引きずり、払い戻しの列に並びました。

ターポン様を釣りすぎた為に、誰かに祟られているのだろうか・・・。



そして、30分が経過・・・。




で、こちらが最近の収穫で最高のデキというヒーバートのプラチナをもってニッコリのトム・・・。
ただ、ここまで長くなると、何がなんだか分からなくなる・・・。
そして、「コウイウノモイイケド、ムカシカラノヒーバートモダイジニシテネ」ってお願いしてます。
f0036163_14234262.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-08-27 13:42 | その他
IFTD ニューオリーンズ・・・。(その二)
ショー最終日(一日半しかいませんでしたが・・・)の夜は、地元ルイジアナのレッドフィッシュガイド(名前は忘れました・・・)のお勧めで、フレンチ・クォーターで、ジャンバラヤとシーフードを戴きました。
結構不安だったニューオリーンズでしたが、食事は本当に美味しかった・・・。


その後、汗だくで20分ほど歩き、これまたお勧めのフレンチマン・ストリートへ。
ここはバーボン・ストリートよりも地元の人が多いらしく、音楽も良いとの事。でも、ヘビーリカーは体が受け付けないので、地ビールをチビチビ呑み、九時半には道に迷いながら、やばそうな道を走り抜け、これまた汗だくでホテルへダッシュ・・・。
f0036163_850336.jpg


僕には良く分かりませんでしたが、この看板アメリカ人には大うけしてました。
ハッチのオーナーのダニーと、女性スコットプロスタッフのレイチェル、そして旧友でベリーズのロッジ、エルペスカドールの女性マネージャー、ローリー・アンが看板持って大はしゃぎ・・・。
f0036163_8502839.jpg



あ、ショーの事を全然書いてません・・・。


で、いくつかの新製品を。


スコットの中価格帯のスイッチ・ロッド。L2Hシリーズです。
f0036163_8484031.jpg



ハッチのほぼジャパンスペシャル(?)1PLUS。(軽くてちっちゃい3番用)
f0036163_8493426.jpg



エアフロのソルトウォーター・クリアーティップは賞をもらってました。
f0036163_8491333.jpg


そして、朝一番のフライトで、ニューオリーンズを出発し、先ほどモントローズに到着。
強い日差しはニューオリーンズと同じですが、低い湿度で汗は少し少なめ・・・。
明日から2日間の強行スケジュールでハックル漬けに・・・。
[PR]
# by masakatsumata | 2011-08-22 09:07 | その他
IFTD ニューオリーンズ・・・。(その一)
ニューオリーンズで、ショーが行われた大きな理由に、カトリーナや油田の原油漏れなど、マイナスイメージが多かった南部で、地元ガイドや経済の助けになればと決められたらしいです。
でも、ロッキーの釣りシーズンが一ヶ月以上遅れ、通常なら少しスローになる8月下旬が釣りの最盛期。だから、普段見かける友人達も少し少なかったよう。
目新しいブランドや商品も若干少なかったような気がしましたが、でも初めての町だし、新しい友人も何人かでき、それなりにちょっと危ない夜も体験できました。(おかげさまで財布は無事に手元にあります・・・)

f0036163_20341816.jpg

f0036163_20353754.jpg


食事の後に連れ出されたバーボンストリート・・・。そこら中から、ジャズやブルースが大音響で聞こえてきます。だから、会話はほとんどできない・・・。そしてとっても眠い。
f0036163_20372225.jpg



なぜかジミーちゃんが入りたがった、場違いなロックンロールが響き渡るバー。
そして、やっぱり眠い・・・。
f0036163_20391194.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-08-21 20:50 | その他
残暑お見舞い申し上げます。
アドレス等は決定しているのですが、新しいブログのセッティングも未だ完成せず・・・。

多くの皆さんにご心配をかけ、また励ましのお言葉を頂いていますが、結構忙しくバタバタとした夏を送っています。
ブログの再構築の話をしてからも、多くの皆さんが毎日このブログにアクセスしていただいて、心苦しい限りです・・・。

なので、新しいブログへの移動まで、もう少しこちらで・・・。

で、今はワシントンD.C.に来ています。
明日から、ニューオリンズのIFTD(フライタックル・ディーラーショー)に参加するために、なぜかワシントンD.C.経由できました。一泊D.C.で過ごし、夕方のフライトまで、半日の夏休み・・・。

アメリカには数え切れないほど来ていますが、ワシントンD.C.には始めてきました。コンパクトカメラ片手に気分は完璧に観光客。
いつもニュースで見ている建物が目の前に・・・。結構興奮です。
これから、3時間だけスミソニアン博物館に。
ちょっと短い夏休みを満喫(無理がありますが・・・)したいと思います。

明日からのIFTDで何かニュースがあればご報告したいと思います。


ワシントン・モニュメント これは東京タワー、いやスカイツリー?(スイマセン、本当は初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を称えて建造されたそうです)
f0036163_425137.jpg



ホワイトハウス。いつもテレビで出る建物です。選挙運動の為、オバマさんはいませんでした。(以外と建物は小さかった・・・)
f0036163_425399.jpg



ホワイトハウス前の道路で。パトカーもここはシークレット・サービスの担当みたいです。
f0036163_4263597.jpg



で、アメリカの永田町。国会議事堂です。
f0036163_426969.jpg



釣りネタでなくてスイマセン・・・。

そして、今回一番楽しかったのは、全部タダで入れるスミソニアンではなくて有料のニュージアム(ニュースの博物館)でした。時間があればまたアップします。写真好きの人にはとても楽しいところでした。

それにしても100回以上来日している外国人は必ず首都東京に来てますよね・・・。
北海道や東北の釣り(アメリカのモンタナやアイダホ・・・)ばかりの人はいないはず・・・。
今回の旅で何とかアメリカの首都にたどり着きました。でも、たぶんもうくる機会はないと思います。田舎モノの僕には、やっぱりモンタナやアイダホの方が滞在しやすい・・・。
[PR]
# by masakatsumata | 2011-08-19 04:35 | その他
なでしこ優勝!!とターポン・・・。
なでしこジャパンの優勝が決まった瞬間から、たくさんのお祝いメールや電話をアメリカ人のサッカー好きの友人からもらいました。

一番最初はスコットのジミーちゃん・・・。(結構のサッカー通です)
たった一言「コングラチュレイション!!」って。

キーウエストのレストランでも、僕が日本人とわかると「スバラシイゲームダッタゼ!!」とか、「オレハニホンヲオウエンシテタ」とか・・・。おまけに見ず知らずの3人からビールを一パイずつゴチになり、僕の座っていたテーブルには、食べかけのピザも届きました。(苦笑)
アメリカ人がこんなに負け惜しみをしないなんて・・・。

震災の後、辛いニュースが続いいていましたが、キーウエストのホテルで一人うれし泣きをしてしまいました・・・。

ドイツのスタジアムで撮影していた訳ではないので、なでしこの写真はありませんが、今日は昨日、一昨日と撮影した中から、気分が良くなる写真を。

この直後にフックをはじき飛ばしたデカイヤツ。
f0036163_0204331.jpg


過去最高の高さのジャンプを見せたヤツ。(2メートル以上ジャンプしてた・・・なんか鯉のぼりみたい)
f0036163_0202465.jpg



あ、それから一つお知らせが。
もう少しで、こちらのブログはおしまいにしようと思っています・・・。
これからどうやって釣りや商品のお知らせをするか思案中です。
ですので、しばらくの間コメントを再会させていただきます。(お返事ができるかは分かりません・・・、ゴメンナサイ)

[PR]
# by masakatsumata | 2011-07-20 00:40 | ソルトフライ
ターポンとワールドカップ・ファイナル
しばらくのご無沙汰でしたが、モロモロの用事でフロリダに来ています。
こちらの時間で日曜日の午後3時、ウーマンズ・ワールドカップファイナルのキックオフ時間・・・。
テストと撮影を早々に切り上げ、キーウエストのホテルに戻りました。

うーん、テレビの試合を見ながらのタイプは結構きつい・・・。

なので、今日はワールドカップ・ファイナルに集中させて頂きたい・・・。

天気は到着時から安定し、ガイドのダグ曰く、「マサ、コリャコトシサイコウノツリダゼ!!」って。

311の震災からずっとサポートをしてくれたアメリカに感謝の意味も込めて、今日は出航前の月明かりで撮影したスターズアンドストライプスのアメリカ国旗とジャンピング・ターポンを一枚!!

f0036163_3574676.jpg


f0036163_3585288.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-07-18 04:00 | ソルトフライ
月光・・・。
結局ノーフィッシュに終わったボーズマン出張から帰国後、すぐに札幌へ・・・。
友人で、「北海道の鱒釣り」の著者、奥本昌夫氏の結婚披露パーティに参加させて頂くためでした。

「ナルシシズムの伝道者であり、業界最強のナルシストが結婚するなんて、実は今でも信じられません・・・。」と、今まで通りに言いたいところですが、本当のマサオちゃんは、自分の格好はそこそこ気にしますが(笑)、でもそれ以上に周りの皆さんに気を配られます。

そう、ああ見えて彼、実は気配りの人だったんです・・・。

辛いニュースが多い昨今ですが、お二人の幸せそうな姿を月明かり(ただのスポットライト・・・)で、見ていたらとても幸せな気分にさせていただきました。

末永くお幸せに!!(本もたくさん売れますように!!!!)



f0036163_12492011.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-22 13:41 | その他
鱒探し、でもやっぱり濁流・・・。
昼休みにオクモト本を読んだ後、ミーティングを抜け出しやっぱり川に向かいました・・・。
モンタナの年券を買い、とりあえずリビングストン周辺のイエローストーンへ。
でも、やっぱり、分かっていても、当然の、とてつもない濁流・・・。
近隣の家やショップでは土嚢袋がたくさん用意されているような非常事態・・・。

満ロッド(他で釣りができないので、釣り人は全てスプリングクリークへ・・・)で空きのないデピュースを横目で見ながら、おとなしくボーズマンのシムス本社へ。

デッカイ鱒は次のお楽しみにして、ウトウトしながらのミーティングとオクモト本の読書に戻りました・・・。

手前がデピュース・スプリングクリーク、そして奥が濁流のイエローストーンリバー。
スプリングクリークは偉大です・・・。


f0036163_432621.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-17 04:19 | アメリカの釣り
オクモト本(北海道の鱒釣り)の事・・・。
ビリー本のネタもそろそろ最終回に近づいてきましたが、その前につい最近発売されたもう一冊の素晴らしい本のネタを・・・・。

つい10日前にコロラドにいて、一時帰国。
5日ほど日本でモロモロの仕事を終わらし、今はボーズマン・・・。
時差ボケを通り越し、もう何が何だか分からない状態ですが、こんな時日本語の本は読むと心が和みます。

10年以上前にボースマン近郊の山のバックカントリーの雪崩で亡くなった親友のスティーブが、良く言っていました。
「ホッカイドウハ、モンタナとオナジグライスバラシデース!!」って。

紀行作家(奇行作家)奥本昌夫さんの「北海道の釣り」を読むとそんなスティーブの言葉を思い出しました。
そしてロッキーの空と北海道の空は、きっと凄く近くで繋がっているんだって痛感しました。

日本の3月11日に起こった大地震と津波で多くの犠牲者が出てしましましたが、アメリカでも竜巻や洪水で亡くなった方が多くいます。
昨晩のニュースで、ロッキー山脈の一部では例年の8倍の雪がまだ残っているそうで、マディソンもイエローストーンもギャラテインももの凄い勢いで流れています。釣りができるのはスプリングクリークだけ・・・。

ほんとちっぽけな僕たち人間は、大自然の掌の上で生活させてもらっているんだなー、ってこの広い空を見ていると思います。



打ち合わせで行ったトラハンの前で一枚。
f0036163_20534754.jpg




そしてモンタナの朝焼けで一枚。
f0036163_20532162.jpg




この本を読んでいると、急にでっかいレインボーが釣りたくなるのは僕だけではないと思う。(あー、打ち合わせサボって釣りに行きたい・・・)
[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-15 21:25 | 日本の釣り
ビリー本(CONTROLLED FLY CASTING)の事・・・。 (その四)
キャスティング・シークエンスの撮影では、太陽の角度と光の状態がとても重要で、一日中撮影できる訳ではありません・・・。で、雲が多い状態ではフィッシングシーンの撮影に切り替えを・・・。
この日はレネと一緒にヘンリーズフォークのウッドロードへ。
そして、ビリーがビッグレインボーをゲット!!
撮影もこっちの方が少し楽しい・・・。(でもとても羨ましい・・・、いや恨めしい)


f0036163_2101360.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-14 02:13 | アメリカの釣り
ビリー本(CONTROLLED FLY CASTING)の事・・・。 (その三)
ビリー本のロケは、ハワイでも行いました。
欲しかったのは、緑の芝のイメージといくつかのシークエンスの写真。
そして、もちろん、できれば、デッカいボーンも釣りたい・・・。

フィッシングショーショーや打ち合わせで、アメリカ本土ではいろいろな場所に伺いましたが、実は僕にとっては初めてのハワイ(クリスマス島へのトランジットを除き・・・)でした。
多くの皆さんが「ハワイ、ハワイ、ワイハー!!」っておっしゃるので、観光も含めちょっと敬遠していたのは事実です。
でも、実際に行ってみると、それは、それは、素晴らしいところで、日本の皆さんがお好きな理由もよく理解できましたし、そして何よりボーンフィッシュの釣りの素晴らしさを再確認した旅でもありました。
今までは、あまり興味がなかったハワイですが、機会があれば是非また行きたいです。(今度はカメラなし、ロッドオンリーで・・・)


朝焼けのホノルルです。ボーンのテイリングにアプローチしているガイドのマイクとビリー。
f0036163_12192611.jpg


撮影の合間にガイドのマイク・ヘネシーの釣った、アベレージサイズのボーン。
f0036163_1756669.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-13 18:06 | ソルトフライ
ビリー本(CONTROLLED FLY CASTING)の事・・・。 (その二)
皆さんの食いつきがかなり良いので、ビリー本のお話を続けたいと思います。

ヘンリーズフォークで、最初のキャスティング・シークエンスを取り始めると、ショット数が異常な事になりました。
RAWとJPEGの同時保存にしても、8ギガのコンパクトフラッシュの容量は、かなりのはずです。
ところが、30分もしないうちに一枚目の8ギガがフルになってしまう・・・。
もちろん、8ギガを8枚持って行きましたから、余裕があったはずですが、交換する間にも光の状態は変わり、ビリーの状態も変わってくる(笑)・・・。

で、ハワイ行きの前に思い切って32ギガを6枚新調しました。
いつぐらい前でしたか、1ギガを10万円以上で購入したのは・・・。あの頃を考えると今の価格はタダに近い・・・。
それにしても万の単位の写真を見るのは、今回限りにしたい・・・。

写真は、デピュース・スプリングクリークでの一コマ。
釣り人を信じると、こんな写真も撮れます。
400/2.8の解放の深度だと魚は大ボケ、でもビリーの緊張感は非常に良かった。
f0036163_4173643.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-12 04:20 | アメリカの釣り
ビリー本(CONTROLLED FLY CASTING)の事・・・。
そういえば、とっくに発売されている、ビリー本(CONTROLLED FLY CASTING)・・・。
巷では大人気らしい・・・。

撮影が終わってしまえば、データを編集に渡し、フォトグラファーのお仕事はほぼ終了。
もちろん色校やら何やらに立ち会う事が一般的ですが、雑誌の原稿と同じようにできあがった本を何度も見ることはありません。

で、もう皆さん気づかれているかもしれませんが、カバーをはがすとビリーのいたずら書きが・・・。
コカニーサーモンの群れの事や、ライズ等々、現場にいた二人の思い出が・・・。

あ、別にビリーとはヘンな仲じゃないです。念のため・・・。


f0036163_11333615.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-10 12:01 | その他
コックドレオン・ルースター・・・。
トリミング前のレオンのルースター・ケープです。
目に付いた商品は、どんな状態(生きているモノ以外・・・)でも、何とか手に入れたい。
だから、トリミングのお手伝いもします。
収穫や洗浄、そして乾燥のタイミングと僕の選別のタイミングを上手く合わせないと、これらの商品も他の方の手に渡ってしまう・・・。
倉庫内を歩いていると、あっちで止まり、こっちでも止まる、そして買い物かごの商品が増える。
当然、選別の時間もズルズルと延びてしまう・・・。

そういえば、シェーンもレオンが大好きだった・・・。


f0036163_1142834.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-09 11:22 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
シェーン・スタルカップの事・・・。
ホワイティング滞在中にトムから、シェーン・スタルカップが亡くなった事を聞きました・・・。

シェーンと出会ったのは、大昔のデンバーショーでした。
タイイング話で盛り上がり、スコットやホワイティングのプロスタッフ同士でもあった為、その後も連絡を取り合っていました。

数年前から頸椎の病気で手術を繰り返し、体調はあまり良くなかったようでした。
そして10日ほど前の夜、ベッドに入り、眠ったまま召されたそうです・・・。

素晴らしいタイヤーでした。

彼の本「Mayflies Top to Bottom」では、刈田さんにお願いして表紙用の写真をお借りしたのもついこの前の事のよう・・・。

日本のタイヤーの巻くフライに興味を持ち、いつもフライフィッシャー誌を欲しがっていました。



心よりご冥福をお祈りいたします。


f0036163_13525665.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-07 14:15 | その他
レオンの選別・・・。(その一)
当時(結構前です・・・)、「マダラを探すこと」に相当時間を費やしていました・・・。
レオンのサドルは質も大切ですが、マダラはもっと大事。
記憶にあるのは、300枚のストックから、買い付けたのが2枚だけ・・、なんて時もありました。
それが、トムの努力の結果、ほとんどのサドルにきれいなマダラが入るようになりました。

が、それはそれで、結構なストレスになっている事に気づいた。
良いものの中からさらに良いものを選ぶとなると、結局全てのサドルに目を通さなければならない。
掛かる時間は同じです。

写真は、買い付けるサドルの箱、買い付けないサドルの箱、中間で悩んでいるサドルの箱、グレードはいまいちだが、マダラがとってもイイサドルの箱・・・。

何か、昔の選別時より箱が増えてる・・・。


f0036163_18101425.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-06 18:22 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
F2の事・・・。
ホワイティングでの選別作業に疲れてくると、少しサボりにスコットに出かけます。
ロスリームルもスコットも時間にして20分足らずの距離です。

工場内をウロウロしていると、ハニーカラーのF2のロッドやブランクがあまり目に入ってきません・・・。
日本では多くの皆さんにお待ちいただいている状況なので、ジミーちゃんに尋ねると、「ツクッテモ、ツクッテモ、タリナインダ・・・。」と。
僕はてっきり日本だけの人気だと思っていたら、それは大間違いでした。
アメリカ国内でも、数多くのバックオーダーを抱えているらしい。
しかも、マテリアルは特注品。オーダーが予定数を遙かに超えてしまい、グラス素材の供給が間に合わないらしい。
そして、カラーや機械管理の問題で、F2のブランクを製作するときは、一週間はほかのグラファイトブランクの製作が出来ないらしく、工場の担当者も相当ストレスが溜まっている様子・・・。
それでも、震災後の日本には優先的に送ってくれている・・・、らしい。

だから、あんまり催促できません・・・。

お待ちいただいている皆さん、そんな状況ですから、もう少しご辛抱ください・・・。


f0036163_591023.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-04 05:24 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
Mr.ローガン・・・。
ホワイティングでヘンケープの選別をしていると、「ヤベー、ハックルの先端が見えない・・・」。

長年の選別で、瞬時にハックルの善し悪しを見分ける能力が付いてきましたが、特にヘンケープの選別ではティップにダメージのあるものは避けなければなりません。

ところが・・・。

釣りじゃないから、第六感は機能しない。

初めてです、ホワイティングで老眼鏡をかけたのは・・・。

大好きなミッジの釣りもこれから厳しくなりそうです・・・。

f0036163_16241651.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-03 16:46 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
Tom の気持ち・・・。
震災の後、トムからたくさんのメールをもらいました。
「ミンナ、ダイジョウブカ?」、「ヒガイハナイノカ?」とか・・・。
日本のタイヤーの皆さんが、ホワイティングのプロダクツを愛しているのが、トムには伝わっているようで、トムも日本の事が大好きなようです。

そして、昨日の朝、「ナンニモタスケハデキナイケレド、コレデゲンキヲダシテクレ」って、収穫したてのWHITING, HEBERT,そしてRED-Xのクリーを用意してくれました。もちろん欲しい方全てに渡るような量ではありませんし、クリーのハックルで、景気が良くなる訳がありませんが、彼の気持ちがとてもうれしかった。


RED-Xのクリーの出来をみているトム。
f0036163_12374745.jpg


収穫後の乾燥が終わったばかりのハックル。まだトリミングが行われていません。
f0036163_12383014.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-02 12:41 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
スペイサドルのこと・・・。
一昨年前、ヨーロッパでの人気で急遽値上げとなってしまったスペイ・ルースターケープ。その値上げの率に思わず口をあんぐり開けてしまいましたが、サドルのオーダーはそれほどでもなく価格も添え置き。で、潤沢にあると思いきや、やっぱりかなりの品不足が続いていました。そして、備前貢さんのお気に入りでもあるこのハックルでストリーマーを巻くタイヤーの皆さんが日本でも急増、しばらくご迷惑をお掛けしていましたが、今回そこそこの数をゲットできました。実はトムの粋な計らいで、震災後の日本に少しでも活性をと、「スキナダケモッテケ!!」って。
長い間お待ちいただいていた皆さん、これから染めるのでしばらく時間は掛かりますが、確実に日本にやってきます!!

そしてもう一点、皆さん喜ぶだろうってトムがとあるケープを少量ですが、「コレモミンナモッテケ!!」って・・・。
これは、睡眠不足のため明日のご紹介に・・・。


まずは、一番バックオーダーの多かったチャートリュース用のホワイトを。
f0036163_11475331.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-06-01 11:50 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
メモリアルデイ・・・。
コロラドに着いた今日、5月の最後の月曜日は戦争で亡くなった方を追悼するアメリカの祝日「メモリアルデイ」です。

震災から2ヶ月半以上経ちますが、15,000人の方がお亡くなりになり、未だ行方不明の方が8,500人、そして10万人を超える方が避難されている状況です。
謹んでお悔やみを申し上げるとともに、避難されている皆様が一日でも早く通常の生活に戻れますようお祈りしています。

震災後初のアメリカ出張ですが、僕が日本から来た事を知ると、機内で乗り合わせたアメリカの人からも3月11日の震災の事を聞かれます。映像は相当ショッキングだったと・・・。そして日本人と日本の文化に感動したと言われます。「あの災害がアメリカで起こったら・・・」って口を揃えて言われます。

通常の予定よりアメリカ出張が延びてしまったには、やはり不安がありました。次は東南海か富士山かなんて言われていましたし、家族もできれば家にいてほしかったみたいで・・・。
以前から、飛行機に乗ることは放射線を日常生活以上にあびているのは聞いていましたが、ニュースで「東京—ニューヨーク・・・何とかマイクロシーベルト」とか言われても、ピンとこない・・・。もともとかなりビビリ症ですが見えない放射線を怖がるタイプではないですし、テロの脅威も以前より強くなっているとは言え911のテロの翌週には飛行機に乗っていましたから・・・。で、結局ビビってたんですね・・。(笑)

で、今日のフライトで頭の上から酸素マスクが飛び出る事件が。
これまで200万マイル以上も飛んでいましたが、初体験でした。
これには正直結構ビビリました・・・。

明日から、ホワイティング。
頑張って今までの取り返しをしてきます。(ブログのアップも含め)

あまりにアップデートを怠ってしまいましたので皆さん忘れちゃったかも・・・。
ちょっぴり不安。



寝ながら撮影している訳ではありません。
自分がカメラを持っているときは、あーしろ、こーしろ言いますが、写真に撮られるのは苦手です。(カメラ目線は全くできません・・・。)
でも、こうしないと臨場感が出ない・・・。
しかも、カメラを構えるとフライトアテンダントがこちらを睨んでいるような気が・・・。
f0036163_1384697.jpg



怒られそうだったので、これもノーファインダーのCANON S90で。
f0036163_1394087.jpg



P.S.
毎日、新ネタのない僕のブログにアクセスしてくれていた数百人のみなさんゴメンナサイ。
また、ご心配いただき多くのメールをいただきましてありがとうございました。
[PR]
# by masakatsumata | 2011-05-31 13:23 | その他
ガンバロウ!!
震災からもうすぐ一ヶ月です・・・。

残念ながら、行方不明の方々の数が減る時は、亡くなられた方の数が増えるという、悲しい状況です。

さっきラジオから「高濃度汚染水の流出が止まる」って放送してましたが、福島第一原発は未だ予断を許さない・・・。



震災後、釣りどころか神奈川県から一歩も出てません・・・・。



でも、ズーっと下を見てるわけにもいきません。



2週間前には、印刷をキャンセルしようと思っていたシムスの日本語カタログが到着しました。

楽しみにされていた皆さん、沢山のご連絡ありがとうございました。
本国シムスより厚い、84ページの日本語カタログです!!

f0036163_11304879.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-04-06 11:52 | その他
東北地方太平洋沖地震

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。



地震発生から2日目の朝を迎えていますが、東北地方への電話は未だ繋がりません。
緊急電話が優先されていると思ますので、掛け続けるわけにもいきません。

バタバタの1ヶ月半からようやく開放され、これからブログのアップをと考えていた時の大惨事でした。

今は被災地の皆様のご無事をお祈りするだけです・・・。
[PR]
# by masakatsumata | 2011-03-13 10:32 | その他
発送終了・・・。
クリスマスプレゼントに当選の皆さん、大変お待たせしました。
プレゼントは本日無事に発送終了!!
2-3日経っても到着しない場合は、同じ町に同じイニシャルの別の当選者の方がいると思ってくださいネ・・・。(笑)

で、僕はシムスカタログ製作のため、台東区に近い文京区のKさんと共に山篭りします・・・。

探さないでください・・・。

f0036163_1543427.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-01-25 15:47 | その他
キョウテキアラワル・・・。
ホワイティングのパッケージ場所で今まで見た事のない光景が・・・。

それは、山のように積まれた、ユーロやホワイティングのハックルのカラフルなカラー・・・。
「ナニナニ、コレドウスンノ・・・?」って、マネージャーのリチャードに聞くと、「ゼンベイヂュウノフライショップカラオーダーガキテル・・・。」

で、トムに尋ねてみると下の写真が表紙の雑誌を見せられた。
要するにフライタイイング以外の皆さんがご使用になっているとの事・・・。
ちなみにこのドレス1着$250000(にせんまん円以上・・・)。

f0036163_3245637.jpg




そして、ユーロサドルの値上げと、信じられない数のバックオーダーの理由が、カリフォルニアから始りすでにフロリダに到着しているというブーム、髪の毛に付けるハックル・・・。(世間ではエクステと呼ばれているらしい・・・)
ブームは無くなると思いますが、付ける自分の毛髪が無くなる前にピンクのミッジサドルでも付けてみようと思ってます・・・。(笑)
f0036163_3283486.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-01-21 03:46 | マーヴェリックデモ&仕入れ編
Bonnieの写真。(その四、ローワーリバーのブラウント・・。)
ホワイテlング初日、新しくカスタマーサービスのおじさんタイヤー(彼の名前もトム)から、先週ガニッソンで、70センチクラスの巨大ブラウンを釣ったって自慢された・・・。
そして、そのあと「マサハブラウントレインボードッチガスキナンダイ?」って質問が・・・。
僕が「ドッチカッテイエバレインノーダナ」って答えると、「ナンデ?」って・・・。
僕は「ハックルの選別で忙しいのですが・・・、」って言う訳もいかず、「ウーンナントナク・・・」と、茶を濁す。
きっと理由はヘンリーズフォークとミズーリにあるのかもしれません。
厄介なブラウンのライズも好きですが、ヘンリーズフォークではほぼ100%がレインボー狙いだし、ミズーリでもレインボーのほうがライズが多い・・・。
ビッグホーンやマディソンにもっと通えば、きっとブラウンの事をもっと好きになるだろうし、数が少ない分NZやミズーリの難しいデカイブラウンの記憶は鮮明です。(でも渋いライズの尺ヤマメやアマゴの記憶はもっと鮮明ですが。。。)

で、ボニーからの写真を見ていると、ローワーヘンリーズフォークとブラウンが良く目につきます・・・。ヘンリーズフォークのランチが解禁するとレネはほとんどレンボー狙いになります。その反動か、ローワーリバーではブラウンを狙うのが好きみたい・・・。
そういえば、グレイドレイクの流化の時、4Xを頭一振りでブッチギってったブラウンもローワーリバーのホロ苦くも楽しい思い出です。
そいつはきっとこんなヤツだったんだろうな・・・、ってボニーの写真を見ながら思いました。(口にはでかいコーンヘッドストリーマーがついてますが・・・)
f0036163_16263098.jpg



そして、フラブのハッチで釣ったというブラウンを満面の笑顔で持つレネ。
f0036163_1651070.jpg


ボニーの写真を見て悶々としてきましたが、明日も早いからもう寝ます・・・。
[PR]
# by masakatsumata | 2011-01-19 16:33 | アメリカの釣り
モンタナガイドの冬・・・。(その二)
Stuが仕事場であるボーズマン近郊のスキー場「Bridger Bowl」に誘ってくれました。
そこには、普段川で会っているガイド連中がゴロゴロ・・・。
そこへ、ノコノコと超ビギナーの僕が、釣り用のスーツを着て登場・・・。
「ププッ・・」って吹くヤツや、「ウエルカム、ウエルカム」ハグしてくれるヤツ・・・。「オモエスキージョウデナンデシムスキテルノ?」って質問攻めにしてくるヤツ・・・。

正直、「ゴルフとスキーは一生しないだろうな・・・」って思っていましたが(いまだにゴルフクラブは握った事がありません・・・)、家族の強烈なリクエストもあり40歳になった頃。初めてスキー場に出かけ、昨年の3月初めてスノーボードってヤツに乗りましたが、一時間ほどで全身打撲で動けなくなりました・・・。
そして、今回シムスの新しいゴアテックスのギアのテスト(低気温でたくさん汗をかきます 冷や汗含む・・・)を兼ねて、StuとシムスのデザイナーNick(元Burtonのウエアデザイナー)の助けを借り、人生3度目のスキー場へ・・・。
「ノド元過ぎれば・・・」ってことわざがありますが、僕がまさしくソレデ、何とかリフトを止めずにスノボスクールとシムスのプロダクツテスト(?)の場所へ・・・。
スキーを履いたStuとスノボの上のNickは、歩くよりも華麗・・・。
僕は、雪の上で綱渡り状態・・・。

コロラドに到着し、2日経った今も体中が痛い・・・。(他が痛いからひどい腰痛が緩和された・・?)

でも、こうして体を張りプロダクツテストは行われています・・・。(笑)






とりあえずNickからスノボーの乗り方と停まり方のレクチャー。
そして僕からジャケットとビブのサイジングやポケット、パターンの確認を彼に。
f0036163_11343018.jpg



コケル、コケル、またコケル・・・。(危ないからちゃんとSMITHのヘルメットもかぶってます・・・)
f0036163_1134442.jpg




そして、何とか・・・。

NickとStuから、「オマエハスバラシイバランスノ46サイダ!!」ってビミョーな御褒めの御言葉を頂きました。
でも、フィールドテストはもう少し楽なところでしたい・・・。(苦笑)
f0036163_11352557.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-01-18 12:10 | その他
モンタナガイドの冬・・・。(その一)
ボニーの写真を続けようかと思っていましたが、一昨日、昨日とモンタナガイドのStuやGreg,その他大勢のガイドやショップ関係者と会ったので、デンバーで次のモントローズ行きのフライトまでの少しの時間でアップを・・・。

長い間ガイドとの釣りを楽しんでいますが、フィッシングガイドのオフシーズンの事をを考えるようになったのは最近です。
一流のガイドはシーズン中ほとんど休みなく働いていますので、オフシーズンはユックリなんて思っていましたが、年間150日以上仕事ができるガイドはほんの一握りです。
そして、その一流ガイド達も少しの休みを取った後、雪が降りだす頃には別の仕事に就きます。
トラックドライバー、建築見習い、ペンキ屋さん等々・・・。
そして写真の二人、ミズーリの凄腕ガイド、グレッグとステューも例外なく冬は全く違う仕事をしています。
グレッグは今年から家具職人の見習いで、ステューはスキー場のパトロール・・・。
ガイド料をやチップを考えるとかなりの額だと思っていたのですが、超一流のガイド達も生活は楽じゃない・・・。

過去の為替予約やクーポンスワップ・・・。為替の事を考えると気が狂いそうになりますが、ちょっと前まで、チップ込みで6万円近かったガイド料は今は4万円ちょっと・・・。
食事中のステューから、「ナンデ、ニホンノオキャクサンヘッテイルンダロウ・・・?」
「ハイ、ケイキガワルイカラデス・・・」って普通の答えをしましたが、「ジンセイミジカインダカラ、モットタノシマナイト・・・。」ってアメリカ人的なお返事を頂きました・・・。
ステューの話に、日米文化の違いを痛烈に感じましたが、リーマンショック後にV字回復をしようとしているアメリカ経済、いやアメリカの文化をチョットだけ羨ましく思いました・・・。

f0036163_1385149.jpg

[PR]
# by masakatsumata | 2011-01-17 02:18 | アメリカの釣り